メニュー
1318年 日朗菩薩草庵 1688年 南谷壇林 2002年 久遠林
お問い合わせ
アクセス

隠居からの手紙

表紙隠居からの手紙バックナンバーもくじ > 平成26年3月

教育改革

   江戸以来の識字率の高さが、日本の近代化成功の大きな要因だったと言われます。
各地に、藩校だった立派な建物が残っていますが、多くは江戸末期の建物です。藩校というと、江戸の初めから盛んだったように思えますが、各藩が、士分教育に力をいれるようになったのは、江戸時代も終わりに近づいてからでした。平和が続き、商工業が発展し、庶民の間に識字率が上がり、彼らの中から、すぐれた学者や文学者が現れるようになると、侍も知的に庶民に対抗できる必要があったのでしょう。

  その学問興隆の機運に乗って、近代に突入した日本は、よく西洋の学問技術を吸収することができました。 忘れてならないのは、読み書きのできる、すぐれた職人集団を作れたことです。
「宵越しの金は持たねえ」とうそぶく江戸の職人のことばは、今日かねをつかいはたしても、俺の腕なら、あす誰にでも雇ってもらえるという自信に裏打ちされていました。江戸の職人の多くは文盲でしたが、明治の職人は読み書きができました。鬼に金棒です。これまた各地に残る、明治の小学校校舎を見ると、明治の人々がいかに初等教育に力を入れていたかがわかります。

  それだけに、先生は尊敬されていました。生徒にも親にも社会にもです。それが、現代では、先生への尊敬が薄れたように見えます。毎年、新卒の先生を迎える校長先生は、大変緊張するそうです。
何の前触れもなく、クラスがばらばらになり、授業を続けられなくなります。すると親たちが乗り込んできて、大騒ぎをします。校長がうまく治められないと、教育委員会に訴えてやると脅かされます。担任と協力して、クラスを立て直そうという親は稀です。たまにそういう発言をするお母さんがいると、「あの人は先生とあやしい」とうわさを立てられます。
極端な場合は、新任の先生は耐えられなくなって、突然、家に帰り、再び学校に戻らないそうです。

  秩序を破壊する喜びがあるのでしょう。
権威があると思われる先生の弱点を見つけると集団で襲いかかる動物のような行動に出ます。
いじめの問題も同根です。隠微ないじめが、被害者を自殺に追い込むこともまれではありません。

教育については、十人十色、一人ひとり、違った教育観を持っています。その教育観を押しつけ合うのは不毛です。自由な時代に住む私たちは、かえって自己を確立するのに失敗しています。互いの個性をつぶしあっています。 自分の個性を発揮し、他人の個性を認める社会が自由な社会です。変わる時代に対応できる人間を育てるには、画一的な教育では間に合いません。
第一線で生徒と向き合う先生に個性豊かな人材を得ることが大切です。

   そのためには、新任の教師が孤立無援を感じるような学校ではだめです。
困難だがやりがいのある仕事だと先生たちが思える学校が求められます。事が起こると、先生個人の責任が追及され、上司や同僚が逃げ出すようではよい教師は集まりません。
モンスターペアレンツや学級破壊生徒が出るのは、彼らが行政や社会から先生が尊敬されていないと知っているからです。 給与を上げ、雑務から解放して、先生の地位を向上させるのが教育改革の第一歩だとおもいます。

石川恒彦

Copyright (C) 宗教法人 照栄院. All Rights Reserved.