メニュー
1318年 日朗菩薩草庵 1688年 南谷壇林 2002年 久遠林
お問い合わせ
アクセス

隠居からの手紙

表紙隠居からの手紙バックナンバーもくじ > 平成17年8月

告白

夏になると、苦い思いと共に、思い出す方がいます。がっちりした身体、いかつい顔、口べたで、一本気な性格。ある大会社の工場に勤め、仕事に絶大な自信と誇りを持っている方でした。定年後には、よくお寺にお参りに見えるようになり、お願いすると、いろいろ、お寺の仕事を手伝って下さいました。

  ある時、この方がこんなことを話しました。

  「私は、戦争中は、下士官で、中国各地を転戦しました。ひどい戦争で、いろんなことを経験しました。その中で、女房にも子供にも話してないことがあります。それを、死んじまうまえに、住職に話しておきたいと思ってます。今日はまだその気持ちになれませんが。」

  そのうち、この方は病気になって、入院しました。お見舞いに伺うと、存外元気で、「例の話を、退院したら、早速、しに行きます。」と、大きな声でした。

  ところが、病気が急変して、一週間も経たないうちに亡くなってしまいました。   とうとう話は聞けませんでした。語りたかったのは、日本軍の残虐行為だったのでしょうか。それとも、柄にもない、戦場に咲いた恋の物語だったのでしょうか。聞かなくてよかったのでしょうか、あるいは、もっと手段を尽くして、話してもらうべきだったのでしょうか。

  戦後60年目の夏となりました。  

平成17年8月
石川恒彦

Copyright (C) 宗教法人 照栄院. All Rights Reserved.